ホーム >

会長挨拶

富山県土地家屋調査士会の概要
会長挨拶

 こんにちは、富山県土地家屋調査士会のホームぺージにようこそおいでくださいました。
 土地家屋調査士の業務について簡単に説明いたします。皆さんが所有する大切な不動産(土地・建物)の法務局の登記(記録)に関する調査及び測量をする業務です。例えばある土地について、それがどこにあって、どんな種類の土地なのか?面積は何平方メートルなのか?誰の土地なのか?また建物についても何番の土地の上の建物なのか?種類・構造・床面積は?などが国の機関である法務局に登記(記録)されているのです。これらの登記手続きは複雑で一般の方には理解しづらい事があります。そこで我々土地家屋調査士が依頼人の求めに応じて登記申請の手続きの代理をいたします。
 「あなたの所有する土地には境界標がありますか?」このキャッチフレーズが示すように、隣地との境界線に境界標(CO杭・樹脂杭・金属標・金属鋲等)が無いために境界について紛争が起こった時に、測量と調査をして正しいと考える境界点や境界線をお示しして紛争を未然に解決する業務も行っています。
 土地家屋調査士会の全国組織の連合会では、土地境界に係る紛争をゼロにしていこうという取り組みとして『境界紛争ゼロ宣言』を提唱しています。当会の中にも「境界紛争解決支援センター」を設立して、万一紛争が起きた時にどのように解決していけばいいのか相談しながら取り組んでいく組織として活動しています。
 ホームページにおいでくださった皆様、境界紛争というのは相隣同士の争いです。そのような気まずい事を次世代にまで引き継ぎたくないものです。もしそのような悩みがあるようでしたら当会の会員に相談してみませんか?それが解決の第一歩です。
 終わりにあたり、不動産(土地・建物)は、不動産登記制度という法律により登記(記録)され、公に公開されています。それが国民の権利や取引の安全に役立っています。ただし個人の財産は自己が守らなければなりません。この機会に所有している土地に境界標があるか、測量図が法務局に備わっているか確認されることをお勧めします。
 自己の財産を的確に掌握することが、紛争を未然に防ぎ、確実に次世代へ引き継ぐ重要なポイントになることをお伝えして、私のご挨拶とさせていただきます。

富山県土地家屋調査士会
会 長  磯野 豊