ホーム >

土地家屋調査士になるには

土地家屋調査士の仕事について
土地家屋調査士になるには

土地家屋調査士になるには、毎年法務省が実施する国家試験(土地家屋調査士試験)に合格しなければなりませ
ん。土地家屋調査士試験受験案内(法務省)はこちら。

受験資格

この試験は年齢・性別・学歴等に関係なく誰でも受験可。

受験申込

毎年6月の初旬に約2週間。

試験実施

■ 8月の第3或いは第4日曜日に筆記試験が実施
■ 口述試験は筆記試験合格者に対し11月中旬に実施

試験内容

土地家屋調査士の業務を行うにつき通常必要と認められるものについて

試験日午前 (筆記試験)

1.土地家屋調査士について
2.不動産の表示に関する登記について

 

試験日午後 (筆記試験)

1.平面測量について
2.作図について

※ 測量士、測量士補、一級建築士、二級建築士の資格を有している方は、二次試験が免除されます。
※ 上記試験に合格した人には、同一の試験範囲で口述試験が行われます。

合格発表

最終合格者発表は12月中旬で、官報に公告されます。